2008年07月14日

ステロイドを徐々に減らして・・


hidamariri.jpg


ステロイド1錠と膵臓の薬と胃の薬と抗生物質を
1日2回朝晩を3日間、その後1日おきに3日間が過ぎました。
ラムうんは、はじめはNなんだけど
終わりの方がゆるくなってしまう日が
ずっと続きました。
胃液(?)もときどき吐いています。

それでもNを見ることができたので
ステロイドを徐々に減らしながら、
フラジールとFoy(膵臓の)とガスター(胃の)で
1週間観察になりました。


・・・その後、フラジールの1週間ずっとS2でした。
母は園長先生に電話で報告です。
そして、

あのー、もうなにも薬を与えないで1週間過ごしてみる、
というのはどうでしょうか、

という私の提案に
園長先生、それも有りかなとの反応。

整腸剤をあげてください、と。
ビオフェルミンSを朝晩1錠になりました。
ラムダ、これからビオフェルミンだけだよ。むぎゅ〜〜

園長先生曰く、
検査開腹を覚悟する時、、と。

むううう。
がんばれラムダ。
ニックネーム 小梅 at 23:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

ステロイド治療(傾向と対策さぐり)

sara.jpg

ラムダ、5月16日からステロイド治療がはじまりました。
(小さいときから食物アレルギーで吐いちゃったり GeriP
 したりで、ステロイド投与していた経験ありなんです)

元気なんですけどね。

ステロイド1錠と胃の薬と抗生物質を
1日2回朝と夜で3日間、その後、3日間朝のみ。
その後、1日おきに朝のみ。

で、ほどなく、Nに。

Nになってきたところ。
急にステロイドをやめるのはまずいので
だんだんと少なくしていく方向で
ステロイド1錠と胃の薬と抗生物質を1日1回7日間。

あ、これらの記号は、
う○ち状態が N(ノーマル)〜 S3(GeriP)つうことです。

その後、ステロイド1/2錠と胃の薬と抗生物質を
1日1回7日間。

でも なんだかS2〜S3 な状況が続き、
おまけにに胃液あるいは黄土色のなにかを吐くように。わー

うーーーん。
ステロイドに反応しているのかどうかがわからなくなってきた。

園長せんせい(正しくは院長)と相談し
膵臓の薬(黄土色の何かを吐くので)をプラスして、
1日2回朝晩を3日間。

うみゅ〜〜 S2 です。

またまた園長と相談し、
ステロイド1錠と膵臓の薬と胃の薬と抗生物質を。
これは1日2回朝晩を3日間、その後1日おきに3日間。

ん〜〜〜、でもだめだ。
S1〜S2 ときどき嘔吐。えーーーー。

ニックネーム 小梅 at 22:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

ボクってIBDなの?

lam01.jpg


ボクにはIBDの疑いがあります。
かかりつけの動物病院の院長先生に言われました。
この人のとこに行くと肉球があせあせになってしまいます。

IBDってなんだ?
ネットで検索したら
Inflammatory Bowel Disease
炎症性腸疾患と書いてありました。
慢性で原因不明の難治性胃腸炎だそうです。

@o@

4/12の血液検査では確かに好酸球値が10%でした。
(正常値は2〜6%だって)
子供の頃から食物アレルギーがあったなーボク。
鶏肉、卵、大豆、小麦、大麦、七面鳥、シーフードミックス、
トマトのしぼりかす、マグロ(検査表より)が陽性で、
トマトとかマグロとか大好きなのにな。
だから毎日決まったカリカリしか食べれません。
ニックネーム 小梅 at 16:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする